名古屋及び名古屋近郊で税理士・会計事務所をお探しの方、会社設立や確定申告、相続で相談したい方

名古屋の税理士会計事務所.com

名古屋で税理士や会計事務所をお探しの方。当サイトが解決いたします

こちらのホームページは、名古屋及び名古屋近郊で税理士や会計事務所を探している方、会社設立・開業を考えている方、税務に関していろいろと検討している方々向けに作成し、公開している情報サイトです。

名古屋及び名古屋近郊で、会社設立を考えている

名古屋及び名古屋近郊で会社設立、新規開業、創業する時は、税理士等の専門家にサポート支援して頂くことが重要。それは、社長(創業者)は、具体的な創業準備で頭も体も非常に忙しい時期を迎えているからで、さらに、社長(創業者)は会社を設立した後も、官庁関係の手続きや申請、届け出と、本業の営業活動以外に多くの時間がとられてしまいます。

税理士等の専門家にサポート支援を受けない場合、会社設立した後の管轄となる税務署への届出、新規事業助成金の申請、現金出納帳から仕訳日記帳、貸借対照表、損益計算書などの経理帳簿と財務諸表の作成、税務会計を基本にした経営計画、事業計画、役員や社員の社会保険手続きなど様々な内容の仕事が待っているのです。

税理士や会計事務所はこのような役割をプロとして代行することができ、「会社」というものを知り尽くした税理士、会計事務所は経験も知識も豊富なので、あらゆる角度から会社設立のサポートを行います。

当サイトは名古屋及び名古屋近郊で会社設立、新規開店、創業をお考えの方に、有効活用していただくために名古屋で活躍する税理士と会計事務所をご紹介しています。

詳しくは名古屋で会社設立をお考えの方のページへ 詳しくは、名古屋の税理士会計事務所の一覧ページへ

名古屋及び名古屋近郊で、税理士や会計事務所を検討している方

「名古屋の税理士会計事務所.com」は、名古屋市や名古屋近郊で税理士や会計事務所を検討している方、または、「今現在、会社設立の準備期間だけど、いろいろと設立・開業に関する手続きや必要書類について経験ある専門家に相談がしたい」と、そのような疑問や希望をお持ちの方々のために公開している、会計・財務・税務・相続や贈与、税務申告、税理士会計事務所に関係する情報サイトとなっています。

会社設立して、新しく税理士や会計事務所に経理・会計・税務について依頼される方は、どのような内容で税理士に会社の月次監査を依頼すれば良いのか、わからないことが多いと思います。会社設立や新規開業、確定申告、遺産相続や相続税、贈与税、事業計画、金融機関の融資対策、事業の承継など、税理士や会計事務所によってはトータルでサポートして頂ける税理士事務所があります。

詳しくは、名古屋で税理士や会計事務所をお探しの方のページへ 詳しくは、名古屋の税理士会計事務所の一覧ページへ

会社成長のポイント、月次決算月次監査について

毎月の月次決算とは、毎月の経営状況を把握し、会社運営における経営のために毎月実施する決算のことで、会社法や税法で求められる法律上の年次単位の決算とは異なり、貸借対照表や損益計算書の会計データを、経営に生かす会社にとって非常に有効で重要な手法です。

月次単位で利益が出ているのか、それとも赤字になっているのか、利益が出ているならば、具体的にどれくらいの利益金額なのか、自社のどの部門で利益が上がって、逆にどの部門が赤字になっているのか、現金と預金、手形を含めた資金繰りはどうかなど、当月までの損益と財務の状況が明確になります。

当サイトは名古屋で月次決算の導入をご検討の方に有意義に利用していただくために名古屋及び名古屋近郊で活躍する税理士会計事務所をご紹介しています。

詳しくは、会社成長のポイント、月次決算と月次監査についてのページへ

給与所得や役員報酬、わかりやすい確定申告

日々働いている方は給与所得や役員報酬に応じて、所得税を納付する義務があり、日本の納税制度は納税者が自ら税額を計算し、自ら納税する申告納税方式を基本としています。

個人は、毎年1月1日から12月31までに生じた所得を、翌年2月16日から3月15日までに申告する義務があり、一般的に、確定申告を行わなければならない人は、個人で事業を営んでいる方ですが、給与所得の他に一定金額以上の収入がある場合、家賃収入や不動産売買などの不動産による収入がある場合、会社員の方も場合によって確定申告をしなければなりません。

名古屋の税理士会計事務所.comでは、確定申告なんてむずかしくてよくわからない、忙しくて自分で確定申告ができないという方のための情報が豊富で、名古屋及び名古屋近郊で活躍する税理士と会計事務所をご紹介しています。

詳しくは、給与所得や役員報酬、わかりやすい確定申告のページへ

経営者が高齢、いよいよ将来のスムーズな事業承継

製造業や小売業、サービス業などの業種を問わずどの経営者も、ある程度事業が成功し経営者自身が高齢になると、自分が経営の第一線を退いた後のこと、すなわち事業の承継について検討するようになります。

名古屋及び名古屋近郊に限らず、一般的に事業承継というと、親子などの親族間で行われることが多く、経営者が自ら創業し、月日が経ち発展させた会社を自分の考えている後継者に譲りたい、そして、自分自身が引退した後も、会社や事業を発展成長させてもらいたいと考えるのはあたりまえのことで、また、会社や事業を譲り受ける後継者も、事業基盤をそのまま引き継げることで、ゼロから新たに会社を設立、創業するのと比べるととても多くのメリットがあります。

しかし、名古屋及び名古屋近郊の市場環境、社会環境、競合関係と変化の激しい現在の経済環境においては、それまで主力であった事業が、これから先も主力の事業として成長が期待できるとは限らない現実もあり、経営者は事業承継を検討する際には、主力として手がけてきた事業の内容、将来性、競合関係を客観的に評価分析し、継承に値する事業かどうかを検討する必要もあります。

詳細は、経営者が高齢、いよいよ将来のスムーズな事業承継

税理士になる方法とお仕事について

皆さんが良く知っている税理士は、税理士法に定める国家資格で、税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところによって、氏名、生年月日、会計事務所の名称及び所在地、その他の事項の登録を受けた者を税理士と言います。

税理士になる方法には

◆税理士の試験に合格した方
税理士になる方法は、税理士試験全11科目のなかで、5科目を合格するという方法で、一部必須の科目がありますが、ご自身でそれぞれ科目を選んで受験でき、11科目の中で一度取得した科目は生涯有効、一度に5科目全てを合格することができなくても良く、ご自身でどの科目を選択して受験しても良いとされています。

◆税理士の試験を免除された方

このような方法で税理士になることができ、もっと、詳しくは下記にてご確認下さい。

詳細は、税理士になる方法とお仕事についてのページへ

いつ入るのでしょう、税務調査について

顧問の税理士会計事務所に税務調査の連絡があり、会社や個人事業主・個人にもほぼ同時に税務調査の連絡が入るので、税務調査の準備として、税務調査の当日前までにポイントとなる資料、総勘定元帳や仕分日記帳、請求書、領収書、契約書、現金出納帳などを見直すことが必要です。

帳簿類以外の税務調査のポイント

(1)収入印紙の調査について
税務調査時に必ず行われるのが収入印紙の確認調査。税務調査の当日前までに営業契約書や外注契約書などについて、収入印紙が貼ってあることを確認しましょう。
(2)役員報酬の金額について
社長や専務の役員報酬が定期同額であったかどうかを調査し、社員である使用人兼務役員については、使用人給与部分に役員部分が含まれていないかを確認しましょう。

会社に税務調査が3年で入る、10年で入るなどいつ入るかは、決まってはいませんが、会社の規模や企業の業績及び過去の調査事績等によりそれぞれ異なって、税務調査の実施において、税務調査を受けている会社=納税者の味方となり、税務当局に対して適切な意見を申し出ることにより、納税者が不利にならないようにすることが税理士としての役割のひとつとなっています。

詳細は、いつ入るのでしょう、税務調査について

名古屋及び名古屋近郊で相続や贈与について考えている方

相続するにあたって行わなければならない手続を、相続や贈与を受ける方々の中で、完全に理解している方はほとんどいなく、特に相続税は専門的な部分があり、手続きを間違えるといろいろな負担が大きくなる可能性がありますので、ほとんどの方が専門家である弁護士、税理士、会計事務所に依頼することとなります。

例えば、相続によって取得したとみなされる生命保険金○○○○万円、これは500万円に法定相続人の数を掛けた金額までの部分、被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となりますが、

500万円×法定相続人の人数
例えば、4人の場合=2,000万円まで相続の非課税限度額

すべての相続人が受け取った保険金の合計額が上記の算式によって計算した非課税限度額を超えるとき、その超える部分が相続税の課税対象になります。

このように相続は、一般の方々にとって不慣れな部分があるので、心配があるようでしたら迷わず名古屋及び名古屋近郊の税理士会計事務所にご相談ください。相続税の生前対策は早期に取りかかることで効果を引き出すのが相続税対策で、生前贈与による節税対策や相続税の納税資金を確保と遺産の分割、不動産を使った節税対策などについて、普段から取引のある税理士会計事務所に依頼するのもいいですし、相続や贈与関係専門の税理士会計事務所に依頼するのも有効な方法です。

詳しくは相続と贈与についてのページへ 詳しくは、名古屋の税理士会計事務所の一覧ページへ

サイト更新情報
2014.02.10
名古屋の税理士会計事務所を運営している、セカンドエイト(株)は、2月1日(土)に会社を移転しましたのでお知らせ致します。移転先の住所は、運営会社のページでご覧ください。
2013.6.6
トップページ公開しました。

ページの先頭へ

名古屋及び名古屋近郊で税理士会計事務所をお探しの方、会社設立や確定申告、相続でお困りの方、当サイトでご確認ください。